Pocket

                平成26(2014)年度岳陽同窓会総会
                      ~34回生実行委員会組織について~
                                                                        2012.8.12
1.実行委員会の目的と立場について
 ○ 実行委員会は、
  ①「H26年度の岳陽同窓会総会の実施にあたり、その運営の全般を行う上で必要な業務を担うこと」
  ②「継続して高校34回生同士の親睦・交流を図ること」
   を目的とする趣旨に賛同する実行委員で組織するものである。
 ○ 実行委員については、
  「集まりやすい」「行動しやすい」といった理由で田川地区在住者を中心組織するものの、代表幹事を始
  め、全員が自発的になっているものである。そのため、34回生で趣旨に賛同する者であれば、「誰でも」
  「いつでも」実行委員になることができる。
2.実行委員会の組織について
 ☆代表幹事《梅林和弘》・・・・・・岳陽同窓会幹事総会をはじめ対外的な場面での34回生の代表
 ◎実行委員長《山田隆志》・・・・・・H26年度岳陽同窓会総会の運営全般を統括する
 ○総務委員長《松岡孝徳》・・・・・・実行委員会の各係や50回生との連絡・調整する
 ○運営委員長《田中仁志》・・・・・・同窓会関連の企画・立案・運営の責任者
 ○渉外委員長《古賀勲》・・・・・・・・同窓会総会の冊子のための広告集めの責任者
 ○情宣委員長《宮本光浩》・・・・・・掲示板をはじめ同窓会関連の情宣活動の責任者
 ○会計責任者《久原良恵》《池永政隆》・・・同窓会全般の会計責任者
 ※「H26年度同窓会総会」当日はもちろん、前日までにもさまざまな役割が出てきます。
  2014年10月の岳陽同窓会総会を「同級生との再会のいい機会だ」と考え、
  『一人ひとりが実行委員』になったつもりでできる役割を分担していきましょう。

↓↓↓今までに掲載された記事 クリックで行けます!!!